半自動化してみました

前々からやろうやろうとは思っていたのですが、ちょっと触ってみたら何とかできました。

 

今までの手作業

一応準備段階として

OBS Studio、Chrome(ふわっち配信画面表示)、ふわっちコメントビューア、Firefox(雑談たぬき表示)、Opera(ツイキャス、アフリカTVログイン)

の起動して待機状態にしてあります。
(待機状態でもOBSやFirefoxのアドオンでCPU使用率が高いからなのかノーパソのファンが五月蠅いので全部落としておく時もあります)

待機状態からだと次の手順をしていました。

 

対象の配信が開始

『Chrome』にて「ふわっち」の配信画面表示(前配信の後ならF5、ユーザページからだと赤いラベルクリック)

『Chrome』のURLアドレス欄をマウスカーソルで選択

「Ctrl+C」でクリップボードにコピー

『ふわっちコメントビューア』の「放送URLor配信者ID」入力欄をマウスカーソルで選択

「Ctrl+A」で前の配信のURLを全選択

「Ctrl+D」で削除

「Ctrl+V」でクリップボードにコピーした新しい配信のURLをペースト

「接続」をクリック。『ふわっちコメントビューア』でコメント表示開始。

『OBS Studio』の「配信開始」をクリック

と、まぁこんな感じです。

で、今回のキモは「ふわっち」で次枠移動があった場合、これを30分ごとに『OBS Studio』の部分以外全部繰り返さなければなかなかったということです。
(なんでふわっちで延長してくれると楽でした^^;)

 

「ふわっち」の配信を見られている方ならお分かりだと思いますが、「ふわっち」は次枠へ行くのに大変手間で、「ツイキャス」のように配信画面を開いていれば勝手に次枠が見れる仕様ではありません。
(だからこそ延長した方がリスナーが残ってくれるからと50円かける配信者がいて、ふわっち運営にしたら美味しいポイント回収になるわけですが…)

 

そんなわけで今回はこの30分毎の手間を自動化しようと取り組んでみたというわけです。

 

 

自動化

いろいろあったのですが、何とか「ふわっち」で配信開始するとURLを引数に任意のプログラムにブン投げることができるようになったので、ここまで漕ぎ着けました。

 

で、その結果できたのが、if分岐もへったくれも無いクソみたいなバッチファイルです。

 

・Auto.bat

“C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe” %1
echo %1 | clip
UWSC.exe ams.UMS

 

たった3行…

説明しましょう。

 

まず1行目。

“C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe” %1

これは「Auto.bat」を実行する時に引数が渡されるのですが、その値が「%1」になります。
引数は9個ぐらい設定できるみたいです。(うろ覚えですが^^;)
バッチファイルを実行する時「Auto.bat (引数1) (引数2)…」というようにスペースで区切った感じで渡され、%1(引数1) %2(引数2)…でバッチファイル内で呼び出して使うことができる…ということですね。

実際引数1にはふわっちのURLである「https://whowatch.tv/viewer/(配信ID)」が入っているので、1行目でやっていることは

ブラウザ「chrome」で「ふわっち」の配信画面を開け

ということです。

 

 

2行目。

echo %1 | clip

これはクリップボードに引数1の内容をコピーしている感じです。
バッチファイルやコマンドラインでは「Ctrl+C」とかできませんから、windows7以降で「C:\Windows\System32\clip.exe」というのができたっぽいですね。

これは次への布石という意味合いが強いので後で述べましょう。

 

3行目

UWSC.exe ams.UMS

フリーソフト「UWSC」を呼び出す部分です。
まず「UWSC」の説明からしなければなりませんが、ざっくりいうと

マウス操作やキーボードの操作を記憶して、保存。呼び出して実行できる。

という、すっごいソフトです。

なんというかもう操作の自動化界で言ったらチートです。

で、マウス操作やキーボード操作を記憶して保存した時にできるのが、拡張子が「.UMS」のファイルで。
ここでは事前にやった作業を「ams.UMS」に保存して、バッチファイル3行目で呼び出している…という感じです。

では、「ams.UMS」に何の操作を記憶してあるか…なんですが。

  1. 「ふわっちコメントビューア」の「放送URL&配信者ID」欄をマウスで選択
  2. 「ctrl+a」で全選択
  3. 「ctrl+d」で削除
  4. 「ctrl+v」でクリップボードにコピーしてあるURLをペースト
  5. 「接続」をマウスでクリック

という手順を記憶してあります。

ここでバッチファイル2行目の話に戻るわけですが、UWSC.exeであればchromeのアドレス部分をいちいち選択してURLをコピーすることもできるわけですが、それを省きたかった…というだけです。

むやみにマウスの操作記憶に頼って、例えば画面がずれたときに意図した動作にならない…とかなるよりは、コマンドラインで済ませた方が信頼性高いですしね。

 

なんとか…

というわけで、半自動化できたわけですが、これで楽ちん度が劇的に変わりましたね。

出来れば全自動化して、「24時間365日全自動対応配信」を実現したいところですがUWSCでOBS Studioを操作できるとして、終了を判断するロジックがなぁ…

最悪コメントサーバに接続して「配信が終了しました」を検知する感じにするか、それとも31分後あたりまで待ってる終了監視の子バッチプログラム組んで新しい配信が始まってないか見させるか…
あ、でもそれだと延長された時ダメか…うーん、キツイっすなぁ…

課題は山積です。^^;

 

あ、そうだ。
Special Thanksですがツイキャスで配信始めたばかりの時フリーソフト「UWSC」を教えてくれた人(「かずんくん」さんだったかな…?^^;)。
本当に感謝です。助かりました。m(_ _)m